自分のルールって大切なこだわり

Blog

堺市・鳳・美容室・piar(ピアル)blog



LINE@のお友達追加を、お願い致します。

友だち追加

piar 内川です。



自分のルールについて考える

コミュニケーションとは、
簡単なようであり、
難しいものです。

察するということも、
大切な時もあり、
必要でないことも
あるような気がします。



美容師のお客様をおもてなすためのマイルール

お客様の施術をさせていただく
にあたり、
自分なりのルールが
何個か
僕にもあります。



終了のお約束時間を守る。

当たり前のことです。

お客様のお時間を
お借りして
その中で
仕事させていただきます。
ということは、

ここにご来店いただいたのは、
私たちの時間よりも
お客様大切なお時間になります。

そして、
髪のことを考えて、
会話も必要なことしかしない
というスタンスです。


美容室で美容師さんとの
会話は、あまりしたくない。

そう言ったカジュアルなスタンスの
お客様も増えてきているように
感じます。



もちろん話されるお客様も
いらっしゃいます。

その分、時間もスピーディに
髪の負担も抑え、質を高めて
提供したいという
想いがあります。

そう言った面は、
なかなか伝わりにくいわけです。

それを自分から
言うってことを
しなければ、
伝わりませんから。

そして、終了時間は
終了時間通りに終わる。



長く通っていただいてる
お客様に
こう言ったお声をいただきました。

お客さん
時間通りに終わるので、安心できる。 いつでも時間通り。

このお声が
嬉しい限りです。

もちろん仕上がりを高めることは、
美容師として必須。

そのためのルール

そして、
事前準備。

そう言ったことが
浸透してきてか、
お客様の遅れる方も
ほとんどありません。

有難い限りです。

先日この番組をみました。

主人公は三軒茶屋で、ライブバーを昼間だけ間借り営業しているかき氷店「かき氷喫茶バンパク」の店主・伏野亜紀、34歳。フワフワのおいしさに加え、インスタ映えするかわいい見た目のかき氷で、開店と同時に満席になることもある。
和歌山県で生まれ、スタイリストになりたくて上京。アシスタントからの挫折、再スタートなどを経て、ようやく一人前のスタイリストとして仕事が入り始めた矢先、膝を痛めて仕事を辞めなくてはならなくなってしまった。絶望に打ちひしがれていた彼女が、全く畑違いの「かき氷」を職業とするようになるまでには、どんな経緯があったのか?
メニューには“すもも杏仁みるく”や“チョコミント”など、独創的なラインナップが並ぶ。日々の仕事を追ったVTRからは、「いつ辞めても悔いはない」というほどかき氷に全力を傾けた彼女の、おいしいかき氷をお客に楽しんでもらうための、さまざまなこだわりや工夫が見えてくる。その中にはスタイリスト時代に師匠から学んだことも生かされていた。
スタジオの出演者たちから半ば悲鳴に近い声も聞こえた、伏野の休日の過ごし方とは?そして出演者4人が騒然とした彼女のセブンルールとは?
引用: 7rules

そして、
そのルールのひとつで、

精細を欠くならしないことも大切

カウンターに座らせない。
というルールがあったんですが、
かき氷を作っている
目の前のカウンターに
座っていただくと
楽しい会話も嬉しいですが、
かき氷の仕上がりが
気になられて座らせないという
ルールができたとのことで、
とても、
共感できました。

お客様に提供するべき
ひとつの
ルールとして、

終了のお約束時間を守ることを徹底して追求していきます。

そして、
その時間を
より、短い時間に。

質を高めてより早く

この番組は、
いつも学びあります。

おススメです。

Web版、アプリ版(iOS/Andoroid)も提供
piarネットご予約は通常のブラウザで動作するWeb版のほかに、アプリ版としてApp StoreでApple社端末向けiOS版、Google PlayでAndroid版を提供しています。

piar 予約簡単 の iPhoneのアプリはこちら↓↓↓

piar 予約簡単の アンドロイドのアプリはこちら↓↓↓





piar(ピアル)は、最寄りが鳳駅のゆったりと落ち着いた美容室です

鳳 津久野 富木 高石 和泉 泉大津 上野芝

北信太 信太山 和泉府中 浜寺 羽衣

アリオ鳳 ・耳原鳳クリニックからほど近くの

大人のお客様にお選び頂いている美容室です。

Piar 072-273-0357堺市西区鳳南町5丁603-4 2階


関連記事